忍者ブログ

こうじゅんかん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



内部対策と外部対策。うちはずっと外部対策の方が難しくて大変なんだろうなぁと思っていました。しかし、色々と情報を収集していて分かったこと。「内部対策の方が難しい」。ハイ、間違いなく内部対策の方が外部対策よりよっぽど難しいことが判明しましたよ・・・。外部対策は被リンクを獲得したり、発リンクをしたりするだけです、簡単に言えば。それに対して内部対策はそんな単純なものではありませんでした・・・。できるだけ正しくHTMLを記述する、不要なHTMLタグはできるだけ少なくするなど、難しい&めんどくさい・・・正直・・・^^;。これなら外部対策の方がそりゃあ楽だ!!!。ということは・・・?。被リンク対策だけしてくれるSEO業者って楽してるんじゃないの?!(汗)。依頼者のサイトへのアドバイスも何もしなくて発リンクしたり被リンク対策だけなんて楽すぎる・・・。そう考えるとSEO料金5万円以上は高い気がしてきますね^^;(笑)。

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる

ヒプノセラピーサービス、池袋店HP
ヒプノ セラピー池袋

2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
短期間で検索順位を上げる
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
PR

分かりやすい


サイトやブログを運営する時に心がけたいのは、誰にでも分かりやすい内容ということが大切なので、分かりやすいコンテンツにすることを心がけます^^。なぜ分かりやすいコンテンツにすることを心がけるかと言いますと、SEOの効果を上げるためです。分かりやすいコンテンツは、検索エンジンからもユーザー(訪問者)からも好かれるのです^^。特に検索エンジンに分かるようにコンテンツを構成することが一番効果的です。なぜなら、人間同士であれば、ニュアンスや言葉から、何を言おうとしているのか、何を言いたいのかということはだいたい通じます。しかし、検索エンジンのクローラーは違います。認識できることが限られてきます。画像などは認識し図来という特性を持っています。このため、画像がたくさんある記事は人間には好かれますが、クローラーからすると理解不能なものという判断をします。画像を大量に使うことで、クローラーを混乱させてしまうことになるのです。

なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる

催眠で退行して記憶を遡る方法について、ヒプノサイト
退行催眠

SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす

内部


最近記事を更新する時、内部対策強化を心がけています。実際、内部リンクを貼った記事はGoogleのクローラーが巡回していくれています。新しく書いた記事は必ずGoogleのクローラーが巡回してくれることにはなっていますが、内部リンクを貼った記事へのクローラーの巡回は早いです。内部リンクを貼っていない他の記事よりも多少巡回していくれるのが速いということが分かったのです。Googleが内部を重視しているということが判明しました。アフィリエイトリンクを貼っているとGoogleクローラーから嫌われるという情報がありましたが、これはウソでしたね。うちのアフィリエイトタグを張った記事は結構ありますが、Googleクローラーは巡回してくれていますし、アクセスもありました。アフィリエイトタグを張り付けた記事は検索エンジンに嫌われるという情報はどうやら都市伝説だったようです。現実にはGoogleのクローラーが巡回しないということはありませんでした。

池袋のカウンセリング相談サービスHP
池袋カウンセリング

対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク