忍者ブログ

こうじゅんかん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内外


SEOには内部対策と外部対策というものがあります。昔であれば、外部対策の方に重点が置かれていて重要視されていましたし、効果もありました。ほとんどのサイト運営者は外部対策に力を入れいていました。外部対策さえ重視していれば、サイトの中身が多少おかしかったりしょぼくても検索結果の上位に表示されることは可能な事でした。このため、中身のないサイトでも検索結果の上位にゴロゴロいるのは当たり前だったのです。しかしそれはGoogle登場で徐々に状況が変わってきます。Googleは中身のあるサイトを重要視するようになったのです。外部対策に重点を置いているサイトやブログよりも、内部対策力を入れているサイトやブログの評価が高くなっているのです。昔外部対策に力を入れていた人たちは信じたくないかもしれませんが・・・。残念ながら現実なのです。コンテンツがしょぼいサイトやブログのランキングは落ちています。早く気付かなくてはなりません^^。

中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
テキストリンクを増やす
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
PR