忍者ブログ

こうじゅんかん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内部


最近記事を更新する時、内部対策強化を心がけています。実際、内部リンクを貼った記事はGoogleのクローラーが巡回していくれています。新しく書いた記事は必ずGoogleのクローラーが巡回してくれることにはなっていますが、内部リンクを貼った記事へのクローラーの巡回は早いです。内部リンクを貼っていない他の記事よりも多少巡回していくれるのが速いということが分かったのです。Googleが内部を重視しているということが判明しました。アフィリエイトリンクを貼っているとGoogleクローラーから嫌われるという情報がありましたが、これはウソでしたね。うちのアフィリエイトタグを張った記事は結構ありますが、Googleクローラーは巡回してくれていますし、アクセスもありました。アフィリエイトタグを張り付けた記事は検索エンジンに嫌われるという情報はどうやら都市伝説だったようです。現実にはGoogleのクローラーが巡回しないということはありませんでした。

池袋のカウンセリング相談サービスHP
池袋カウンセリング

対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
PR