忍者ブログ

こうじゅんかん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


分かりやすい


サイトやブログを運営する時に心がけたいのは、誰にでも分かりやすい内容ということが大切なので、分かりやすいコンテンツにすることを心がけます^^。なぜ分かりやすいコンテンツにすることを心がけるかと言いますと、SEOの効果を上げるためです。分かりやすいコンテンツは、検索エンジンからもユーザー(訪問者)からも好かれるのです^^。特に検索エンジンに分かるようにコンテンツを構成することが一番効果的です。なぜなら、人間同士であれば、ニュアンスや言葉から、何を言おうとしているのか、何を言いたいのかということはだいたい通じます。しかし、検索エンジンのクローラーは違います。認識できることが限られてきます。画像などは認識し図来という特性を持っています。このため、画像がたくさんある記事は人間には好かれますが、クローラーからすると理解不能なものという判断をします。画像を大量に使うことで、クローラーを混乱させてしまうことになるのです。

なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる

催眠で退行して記憶を遡る方法について、ヒプノサイト
退行催眠

SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
PR

内部


最近記事を更新する時、内部対策強化を心がけています。実際、内部リンクを貼った記事はGoogleのクローラーが巡回していくれています。新しく書いた記事は必ずGoogleのクローラーが巡回してくれることにはなっていますが、内部リンクを貼った記事へのクローラーの巡回は早いです。内部リンクを貼っていない他の記事よりも多少巡回していくれるのが速いということが分かったのです。Googleが内部を重視しているということが判明しました。アフィリエイトリンクを貼っているとGoogleクローラーから嫌われるという情報がありましたが、これはウソでしたね。うちのアフィリエイトタグを張った記事は結構ありますが、Googleクローラーは巡回してくれていますし、アクセスもありました。アフィリエイトタグを張り付けた記事は検索エンジンに嫌われるという情報はどうやら都市伝説だったようです。現実にはGoogleのクローラーが巡回しないということはありませんでした。

池袋のカウンセリング相談サービスHP
池袋カウンセリング

対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク

内外


SEOには内部対策と外部対策というものがあります。昔であれば、外部対策の方に重点が置かれていて重要視されていましたし、効果もありました。ほとんどのサイト運営者は外部対策に力を入れいていました。外部対策さえ重視していれば、サイトの中身が多少おかしかったりしょぼくても検索結果の上位に表示されることは可能な事でした。このため、中身のないサイトでも検索結果の上位にゴロゴロいるのは当たり前だったのです。しかしそれはGoogle登場で徐々に状況が変わってきます。Googleは中身のあるサイトを重要視するようになったのです。外部対策に重点を置いているサイトやブログよりも、内部対策力を入れているサイトやブログの評価が高くなっているのです。昔外部対策に力を入れていた人たちは信じたくないかもしれませんが・・・。残念ながら現実なのです。コンテンツがしょぼいサイトやブログのランキングは落ちています。早く気付かなくてはなりません^^。

中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
テキストリンクを増やす
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入