忍者ブログ

こうじゅんかん

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


分かりやすい


サイトやブログを運営する時に心がけたいのは、誰にでも分かりやすい内容ということが大切なので、分かりやすいコンテンツにすることを心がけます^^。なぜ分かりやすいコンテンツにすることを心がけるかと言いますと、SEOの効果を上げるためです。分かりやすいコンテンツは、検索エンジンからもユーザー(訪問者)からも好かれるのです^^。特に検索エンジンに分かるようにコンテンツを構成することが一番効果的です。なぜなら、人間同士であれば、ニュアンスや言葉から、何を言おうとしているのか、何を言いたいのかということはだいたい通じます。しかし、検索エンジンのクローラーは違います。認識できることが限られてきます。画像などは認識し図来という特性を持っています。このため、画像がたくさんある記事は人間には好かれますが、クローラーからすると理解不能なものという判断をします。画像を大量に使うことで、クローラーを混乱させてしまうことになるのです。

催眠で退行して記憶を遡る方法について、ヒプノサイト
退行催眠
PR

内部


最近記事を更新する時、内部対策強化を心がけています。実際、内部リンクを貼った記事はGoogleのクローラーが巡回していくれています。新しく書いた記事は必ずGoogleのクローラーが巡回してくれることにはなっていますが、内部リンクを貼った記事へのクローラーの巡回は早いです。内部リンクを貼っていない他の記事よりも多少巡回していくれるのが速いということが分かったのです。Googleが内部を重視しているということが判明しました。アフィリエイトリンクを貼っているとGoogleクローラーから嫌われるという情報がありましたが、これはウソでしたね。うちのアフィリエイトタグを張った記事は結構ありますが、Googleクローラーは巡回してくれていますし、アクセスもありました。アフィリエイトタグを張り付けた記事は検索エンジンに嫌われるという情報はどうやら都市伝説だったようです。現実にはGoogleのクローラーが巡回しないということはありませんでした。

池袋のカウンセリング相談サービスHP
池袋カウンセリング

内外


SEOには内部対策と外部対策というものがあります。昔であれば、外部対策の方に重点が置かれていて重要視されていましたし、効果もありました。ほとんどのサイト運営者は外部対策に力を入れいていました。外部対策さえ重視していれば、サイトの中身が多少おかしかったりしょぼくても検索結果の上位に表示されることは可能な事でした。このため、中身のないサイトでも検索結果の上位にゴロゴロいるのは当たり前だったのです。しかしそれはGoogle登場で徐々に状況が変わってきます。Googleは中身のあるサイトを重要視するようになったのです。外部対策に重点を置いているサイトやブログよりも、内部対策力を入れているサイトやブログの評価が高くなっているのです。昔外部対策に力を入れていた人たちは信じたくないかもしれませんが・・・。残念ながら現実なのです。コンテンツがしょぼいサイトやブログのランキングは落ちています。早く気付かなくてはなりません^^。